コラーゲンは飲むのがいい?肌に塗ってもいい?

コラーゲン

こんなお悩みを抱えていませんか?

  • 化粧水で潤いを与えてもすぐに乾燥してしまうので外出する際は水分チャージのためのハンディミストが手放せない
  • 目尻の乾燥小じわや口元の法令線や眉間や額の表情じわが気になり無表情になってしまう
  • ファンデーションを塗るとしわが際だったり毛穴落ちしたりして欠点が悪目立ちする
  • ハリ不足で皮膚がたるみそれにつられるようにして毛穴が縦に伸びた状態で開いてしまう
  • 角質の硬さによるゴワつきや毛穴のブツブツやキメの粗さやザラつきがあり滑らかさや柔らかさが失われている
  • 肌のふっくら感がなくなり目のくぼみや頬骨の出っ張りが目立ち老け顔になる
  • 知らず知らずのうちにシミの数が増えて元々あったシミが濃くなったような気がする

など
加齢に伴う肌の衰えに悩んでいて
エイジングケアの難しさを痛感しているという女性は多いのではないでしょうか?

肌のエイジングが加速する原因には様々なものがありますが
コラーゲンの減少もその代表格です。

コラーゲンは年齢とともに失われます

コラーゲンは25歳を過ぎた頃から徐々に減っていきます。
お肌の曲がり角が25歳と言われているのはそのためです。

減れば減るほど肌のハリや弾力や潤いを維持するのが難しくなりますし
肌が本来持っている角質のバリア機能が低下し、ターンオーバーも不活発な状態に陥ります。

ターンオーバーが不活発になればメラニンが色素沈着しやすくなってシミも増えますし
肌細胞の再生サイクルが乱れるのでコスメでスキンケアをしても思うような効果が得られなくなってしまいます。

潤いや弾力やハリを保てるエイジレスな美肌を手に入れたいなら
減っていくコラーゲンを積極的に補うべきです。

コラーゲンは飲んでも塗ってもよし?

コラーゲンを補う際は飲んでも塗ってもOKです。
サプリメントで飲んで補う、コスメで肌に塗って補うというダブルのアプローチをすれば、相乗効果を狙えます。

そこで重要になってくるのが
サプリ選びとコスメ選びです。

サプリ選びにおいてチェックすべきことは
成分が低分子化されているかどうかです。

分子が大きいと体への吸収が悪くなりますので
体への吸収が良い分子が小さいものを選ぶべきです。

コスメ選びにおいては
肌への浸透力の高さにこだわりましょう。

成分がナノ化されていると肌の奥の角質層まで潤いが行きわたるので、実感力がアップします。

低分子化されたサプリとナノ化されたコスメでコラーゲンをたっぷりとチャージして
エイジングの加速をストップさせましょう。

コラーゲン量が増えれば肌の若々しさがよみがえりますし
角質のバリア機能が向上して肌トラブルも減ります。